2016年 諏訪湖花火大会開催日と見どころ

諏訪湖花火大会

2016年諏訪湖花火大会開催日

 2016年、今年も諏訪湖花火大会は8月15日月曜日の夜7時から開催されます。 

いつもゲリラ豪雨で悩まされているこの日ですが、雨天決行で行われます。

諏訪湖花火大会の見どころ

諏訪湖花火大会といえば、日本一の打上数を誇ろ日本最大級の花火大会です。
今年の打上数の予定は35セット。約4万発の打ち上げが期待されます。

ちなみに昨年の諏訪湖花火大会も35セットのプログラムで開催されました。
今年もオープニングを飾るのはスターマインと10号玉早打ち。
そして、その後には恒例の10号早打ち競技とスターマイン競技で日本全国から集まった花火師たちが競い合います。

スターマインとは
諏訪湖花火大会を彩る名物がこのスターマイン。スターマインとは連射連発花火のこと。短時間で大量の花火を連続して打ち上げて一つのテーマを織りなします。
そして後半では、音楽とシンクロするミュージックスターマインや諏訪湖上の水面ギリギリで行われる水上スターマインのKiss of Fireなど、更に華やかに開催されていきます。そして圧巻なのはフィナーレに行われる大ナイヤガラ瀑布、水の精・光の精。南米のナイアガラの滝を彷彿させる全長2キロメートルのオレンジ色の花火の滝が大会を締めくくります。

花火大会を近くで見たことがある人ならわかりますが、花火の打ち上げられる豪音ととともに打ち上げられる最大直径600メートルにも及ぶ花火の迫力は圧巻です。夜空での開花後、顔にまで降ってきそうな火の粉が体感できます。諏訪湖面上で打ち上げられるので、夜の湖面が鏡のように花火を反射し映し出すため、2倍に楽しめるのも諏訪湖花火大会の特徴です。