マウントレーニアのカフェラテは太る?糖質とカロリーを検証

ゆるい糖質制限を始める前に毎日愛飲していたのがマウントレーニアのカフェラテです。とてもおいしいので毎日飲む方も多いかと思います。
私の場合は、朝食に一杯、10時休憩に一杯、お昼に一杯、3時休憩に一杯、仕事が終わって一杯、食後に一杯と多いときで1日5杯は飲んでいました。糖質制限を始めると同時に飲むのをやめたのですが、改めてどのくらいの糖質とカロリーがあるのか振り返ってみたいと思います。

カフェラテの糖質量とカロリー

カフェラテ(1本240ml)の栄養成分表示はずばり、以下の通りです。

  • カロリー 166kcal
  • たんぱく質 5.9g
  • 脂質 7.2g
  • 炭水化物 19.4g
  • ナトリウム 89mg

はっきりとした糖質量の表記がありませんが、炭水化物量≒糖質量と考えていいでしょう。つまりマウントレーニアカフェラテの糖質量は1杯で約20g。
カロリーはというと、166kcalですね。
思った通り高カロリーで糖質は多いですね。
ゆるい糖質制限の1食20~40gという範疇の中でなら1本は飲んでも大丈夫かもしれませんが、ほかの食品に混ざっている糖質量を限りなく少なくしなければなりませんので、できれば摂りたくない飲みものですね。

セブンのカフェラテとの比較

セブンイレブンではマウントレーニアではなく、セブンオリジナルのカフェラテを良く飲んでいました。こちらの1本240mlの糖質とカロリーは、

  • カロリー 159kcal
  • たんぱく質 6.2g
  • 脂質 6.3g
  • 炭水化物 19.3g
  • 食塩相当量 0.20g

ほぼマウントレーニアのカフェラテと同じですね。

コカ・コーラとの比較

マウントレーニアとセブンのカフェラテをコカ・コーラと比較してみました。
コカ・コーラは100mlあたり11.3gの糖質が含まれていますので、240mlだと、27.12gですね。そしてカロリーというと、 100mlあたり45kcal 、240mlだと112.5kcalになります。

糖質カロリー
マウントレーニアカフェラテ19.4g166kcal
セブンカフェラテ19.3g159kcal
コカ・コーラ27.12g112.5kcal

カフェラテのほうが糖質量は低いですが、カロリーは高いですね。
まあ、検証する前から明白ですが、カフェラテは糖質オフから見てもカロリ-オフからみてもダイエットにはあまりよろしくないことがわかるかと思います。

以前の朝食メニュー

私の以前の朝食メニューはカフェラテとセブンのコッペパン(つぶあん&マーガリン)が定番でした。こちらのカロリーは433kcalで糖質量は63.4g。(炭水化物量ですのでこれより若干糖質量は少なめになるかと思いますが。)
つまり朝食だけで、82.8gの糖質と599kcalのカロリーを摂取していたことになります。恐ろしいですね。
ちなみに今は、カフェラテをブラックコーヒーとシャトレーゼのテーブルパン2個に置き換えていますので、糖質は5.4g、カロリーは172kcalになっています。(これにチーズやゆで卵やサラダを加えますのでカロリーは増えます。)糖質量からみるとだいぶ改善されています。
朝食をカフェラテや菓子パンに頼っている方は少し考えてみたほうがいかもしれませんね。